• 2018年02月21日(水)

    平成29年度 SSH生徒課題研究発表会

    2月20日(火)
    かごしま県民交流センターにて
    「平成29年度 SSH生徒課題研究発表会」が
    かごしま県民交流センターで行われました。
    20180221_01
    多くの方々にご参加いただき,誠にありがとうございました。
    
    

    理数科2年生
    まず2年理数科が,
    1年間に及ぶ課題研究の成果を発表しました。
    発表場所は一番大きな「県民ホール」です。
    20180221_02
    
    多くの練習を積んだ2年生です。堂々と発表していました。
    RIMG0159
    プレゼン資料も工夫されています。
    RIMG0181
    ①【数 学】数学を用いたタケコプターの研究
    ②【音 楽】気温と管楽器のピッチの相互関係について
    ③【化 学】パッションフルーツの果皮から抽出した天然着色料の開発
    ④【地 学】砂浜における水みち形成に関する研究
    ⑤【スポーツ科学】スポーツ選手におけるボディメンテナンスのアプローチについて
    ⑥【数 学】数学を用いたバイバインの研究
    ⑦【生 物】DNA分析によるクメジマナガレゴカイの分類と分布
    ⑧【生 物】犬の性格と遺伝子の相関
           ~DRD4のアミノ酸配列の分析~
    ⑨【物 理】火山灰の浸透性
           ~水はどのようにして火山灰に浸透するか~
    ⑩【化 学】音波を用いた雨滴径・雨量測定
    ⑪【数 学】ジャンケンの研究
    ⑫【化 学】ホタルのお尻をChenge the color
           ~蛍光タンパク質をホタル発光タンパク質に融合させる~
    
    審査をしてくださる大学や博物館等の先生方に加えて,
    研究にご協力いただいた大学の先生方も多くご参加くださいました。
    大学の先生のブログでもご紹介いただいています。
    ⇒(加治屋勝子先生のブログ)
    
    発表後,生徒や大学の先生方による質疑応答があります。
    20180221_03
    中には鋭い質問もありましたが,よく答えていました。
    
    理数科2年生は,次の夏に校外の発表大会に
    参加します。
    
    

    科学系部活動
    ロビーでは,科学系の部活動もポスター発表も行われて
    いました。英語に翻訳したポスターも貼られています。
    20180221_04
    「音波用いた雨粒径・雨量測定」
    「UVBの測定装置の開発」
    「紫キャベツ色素が黄色や黒色に!?」
    「パッションフルーツの果皮から抽出した天然着色料の開発」
    

     これまで,校外での課題研究発表は2年理数科のみで
    行っていましたが,
    
    今年度より,次の2点を新しく実施しています
    ① 普通科でも課題研究を実施
    ② 1年生から,県民交流センターで研究経過報告
    
    つまり,県民交流センターで1年生全員「発表者」です!
    
    

    1年理数科

    理数科は先輩方と同じく,ステージで発表します。

    20180221_05

    質疑応答の形で,先輩や先生方から,いろんなアドバイスを
    いただきました。
    1年生のうちに大舞台を踏む体験をするだけでなく,
    研究の最初の段階で,アドバイスをいただける
    今までにない有り難い場となりました。


    1年普通科

    普通科は中ホールでポスター発表を行いました。

    RIMG0200
    中ホールとはいえ,広いです。
    広かったのですが,観客の皆さんであっという間に埋まりました。

    普通科の研究内容は,科学だけではなく,人文や歴史,社会学など
    32チーム。実に多岐にわたります。

    西郷さん,イヌの殺処分,ガン予防,東京湾と錦江湾のにぎり寿司の違い
    保育士と幼稚園教諭のメリットとデメリットなどなど…。
    すべて,生徒自身が興味のある内容を選びました。
    来年,どんな研究結果が出るのか楽しみですね。

    RIMG0199

    先輩方や外部の先生方の前で説明します。
    最初は緊張していましたが,徐々に慣れて笑顔で
    説明する人達も見られました。一日で大きく成長しました。

    RIMG0219


    発表を聞いて「いいね」と思ったら,
    ポスターを貼っている板に
    コメント付きのカード「Good Job!」カード
    貼っていく,という方式を取っています。

    DSC00087

    後半になると,こんなに「GoodJob」カード
    貼られている班も見られました。
    嬉しいですね。


    生徒の皆さん,お疲れ様でした。

  • 2018年02月13日(火)

    化学研究部 九州大会で優秀賞を受賞

    化学研究部が
    2月11・12日,大分県で行われた
    「九州高等学校生徒理科研究発表大会」に
    出場しました。
    IMG_20180211_055833_2
    大分までの道のりで,「西郷どん」がラッピングされた
    新幹線に乗りました。
    IMG_20180212_081525_1
    
    今回,発表した研究は
    小中学校やイオンモールなどで,
    本校生が「先生」として授業を行わせていただいた
    「実験教室」の一つ「イオンペン」の内容です。
    
    「イオンペン」という実験では
    不思議な現象が起こります。
    
    食塩水と紫キャベツの色素を「ろ紙」にしみこませます。
    
    その「ろ紙」を
    アルミニウム箔や細い金属の棒(ミクロスパーテル)で
    はさんで電気を流すと…
    ionpen_mae
    不思議なことに
    ミクロスパーテルに触れた所が
    紫色⇒緑色(一部黄色)に変わります。
    ion_nishiki
    錦江湾の「錦」と書いたつもりです。
    
    また,赤い陽極側はここでは見えませんが
    紫色⇒黒色になっています。
    
    この謎に挑みました。
    
    研究結果を簡単に要約すると,
    
    ミクロスパーテル側では,
    電気を流すことで
    液体がどんどん強塩基性(強アルカリ性)になり,
    紫キャベツの色素の構造が変化し,
    紫色→緑色→黄色へ,色が変化することが分かりました。
    
    アルミニウム箔側では,
    電気を流すことで
    溶けたアルミニウムのイオンと色素が結合し,
    安定した濃い紫色の物質ができていました。
    
    
    研究の結果,見事!化学研究部が
    九州大会で優秀賞を受賞しました。
    IMG_20180212_114413
    
    これまで「イオンペン(色鉄筆)」の実験で
    「どうして色が変わるの?」と疑問を寄せてくださった
    皆さん,化学研究部が頑張って疑問の一部を解決しました。
  • 2018年01月31日(水)

    BS課題研究風景(化学)

    本日は
    1年生理数科の課題研究
    「BS(ベーシックサイエンス)」の
    様子をお伝えします。
    
    理数科では,2年生になると,科学的な
    実験・観察を盛り込んだ課題研究を行います。
    
    校内での実験・観察はもちろん,多くのチームが
    月に1回程度,鹿児島大学の先生方のもとに
    伺います。
    
    実験内容についてアドバイスをいただいたり,
    大学の機器を使わせていただいて実験・観察を
    行い,研究を深めています。
    
    今年度から,より長く研究を行うため,
    テーマ決めを1年生のうちに行うことになりました。
    
    
    本日は,研究テーマを定めていく授業です。
    
    しかし,テーマ決めとはとても難しいのです。
    3
    
    浮かんだ疑問や興味に対して,
    本当にできるのか,他に同じ実験をした人はいないのか,
    その実験の結果から何が得られるのか・・・など等,
    考える事はたくさんあるのです。
    
    
    化学のとある班では,
    「炎色反応」に興味を持ち,疑問を検証していました。
    
    「炎色反応」とは,物質を炎の中で加熱したとき,
    その元素(原子の種類)によって,特有の色が見られる
    現象の事です。
    (特有の色が見られない元素もあります)
    
     この現象は,花火の色にも応用されています。
    
    1-Ba
    Ba(バリウム)は黄緑色の炎が出ます。
    
    1-Ca
    Ca(カルシウム)は橙赤色の炎が出ます。
    
    1-Cu
    Cu(銅)は青緑色の炎が出ますね。
    
    では,そんな物質を7種類均等に混ぜたらどうなるでしょうか?
    2-1
    真ん中,手前にあるビーカーが7種類の物質を
    均等に混ぜた物質です。
    
    2-c
    何色になるかな?
    
    2-3
    

    不思議なことに,よく混ぜたにも関わらず,
    炎の中に数種類の小さな炎が現れました。


    しかも,色の様子はどんどん変わっていきます。

    どうして,このような現象になったのでしょう?


    こうした予備実験の結果を受けて,本格的に2年生での
    研究テーマを決定していきます。

    1年生普通科・理数科のテーマと方向性は

    2月20日(火) かごしま県民交流センターで
    行われる 「SSH課題研究発表大会」にて
    発表予定です。

    初めて内容を聴く人にも分かるように,
    研究内容を説明することは,とても難しいことです。

    聴いてくれる相手のことを考え,かつ自分の知識も
    体系化し,明確にしていかなくてはいけない難しい作業です。

    発表の過程も,思考力や表現力を磨く大事な授業です。

    1年普通科・理数科の皆さん,2年理数科の皆さん,
    発表が近づいていますね。
    がんばってください。

     

  • 2018年01月19日(金)

    LP課題研究(図書館での風景)

    錦江湾高校・普通科独自のカリキュラム
    「LP課題研究」風景と図書館のご紹介です。
    
    1月19日(金)の5・6時間目,
    普通科1年生は「LP」の授業がありました。
    
    「LP」とは,「ロジックプログラム」の略で
    幅広い分野の知識に触れながら,
    「論理的な思考力」や「読解力」・「表現力」
    など多くの能力を養うの授業です。
    
    錦江湾高校のSSHは,今年から第3期に入り,
    「理数科」だけはなく「普通科」も,SSHの
    取組みを行うことになりました。
    
    その代表例が「課題研究」です。
    
    3学期は,2学期までに学んだ内容をもとに,
    自分の興味のある分野について調べ,
    発表していきます。
    
    発表の場については,後日ご紹介があると思います。
    
    
    課題研究で強い味方となるのが「SSH図書館」
    通称「まほら館」です。
    
    mahora (17)
    mahora (5)
    mahora (6)
    
    研究には豊富な書物が必要です。
    
    SSH校である錦江湾高校は,課題研究のために必要な
    図書や雑誌を多く所蔵しています。
    
    今年度から普通科が課題研究を行うということで,
    より幅広い分野の最新図書が続々と揃えられています。
    mahora (4)
    mahora (9)
    mahora (21)
    最新書は,あっという間に借りられてしまいます。
    
    mahora (10)
    日本の各社新聞はもとより,海外の新聞もあります。
    
    
    調べやすいように,司書の先生からのヒントが
    随所にちりばめられています。
    mahora (12)
    mahora (13)
    
    ゆっくり楽しく読める雰囲気です。
    mahora (14)
    mahora (2)
    mahora (7)
    
    エントランスを よく見ると・・・
    mahora (17)
    
    mahora (20)
    司書の先生からの心強いメッセージが!
    
    本に隠れた部分は
    「課題研究でのテーマに関する資料」と書かれています。
    
    司書の先生は課題研究に悩む生徒さんの力強い
    サポーターです。
    mahora (1)
    
    課題研究の時間に,司書の先生に相談する生徒の姿が
    多く見られました。
    
    どんな本を探したら良いのか。
    調べた内容をまとめるには,どうしたら良いのか。
    
    司書の先生は親身に相談にのってくださっていました。
    

    生徒の皆さん,発表に向けて,がんばってください。

  • 2018年01月10日(水)

    3学期始業式

    3学期の始業式が行われました。

    01_表彰式 (10)

    2018年は明治維新150周年の記念の年。今年の大河ドラマでも「西郷どん」が題材となっています。

    多くの人から愛され,明治維新の立役者であった西郷隆盛。口数は少なかったそうですが,

    人の話をよく聞き,それを工夫して物事に取り組み偉業を達成しました。

    そのような超一流の人間を目指して錦江湾高校生も頑張ってほしい,という山崎校長の式辞でした。

    また,センター試験直前の3年生への入試激励会も行われました。

    03_入試激励会 (1)

    センター試験まであと4日!自分を信じて,今まで取り組んできたことを確実にして自信をもって頑張ってほしい,といった

    先生方からの激励に加え,同窓会会長様からは熱いエールも送られました。

    03_入試激励会 (13)

    1  ズームのきいた視点を持って,一呼吸置いてにっこり笑うこと。

    2  勝つまでやりきること。

    3  自分の勝負する姿を「見ていてください」と宣言して見てもらうこと。

    100%自分を出し切ってVICTORY!目指して頑張ってほしいです。

  • 2017年12月26日(火)

    クリスマス茶会☃

    今日は茶道部の冬休みの活動を御紹介します。

    今日はクリスマス。

    (ブログへのアップは一日遅れになってしまいました・・・すみません)

    日頃お世話になっている先生方をお招きして、クリスマスプレゼントがわりにお茶を一服差し上げました。

    IMG_5590

    IMG_5591IMG_5592

    お菓子もクリスマスにちなんだ落雁です。(他にもサンタクロースやトナカイの落雁もあるんですよ♫)

    IMG_5593IMG_5586

    先生方、そんなに固くならなくて大丈夫ですよ。

    IMG_5583IMG_5589

    そうそう! お手前の作法はありますが、一番大切なのは「心」です♫

    リラックスして、おいしくいただいてくださればいいんですよ(*^o^*)

    IMG_5587

    「大変結構なお点前でした!」

    今回お招きできなかった先生方、次の機会にはぜひお声かけさせていただきたいと思いますので、お時間の都合がつきましたら、ぜひお茶室へお越しください!

     

     

     

  • 2017年12月25日(月)

    鹿児島県発明くふう展 表彰式

    さる12月23日、県民交流センターで、「第65回 鹿児島県 発明くふう展」の表彰式が行われました。

    錦江湾高校からは3点出展し、そのうち「オゾン濃度測定器(オゾン君)の開発」で3人の生徒が最高賞である県知事賞を受賞し、うち、2人が表彰式に出席しました。

    IMG_5578IMG_5567

    IMG_5583

    今年一年、大活躍の「オゾン君」でした。(もちろん、本当に活躍したのは生徒たちですが…)

    IMG_5585

    また、他の出展とあわせて、「学校賞」をいただきました。

    研究活動そのものにも、もちろん価値がありますが、その成果が人々の役に立つものであれば、モチベーションも上がると思います。

    これを励みに、ますます励んで欲しいものです。

     

    みなさん、ありがとうございました。

  • 2017年12月15日(金)

    修学旅行、最終報告です。

    鹿児島中央駅、学校とも、予定より早めに到着し、生徒たちは、それぞれ家路につきました。

    今回の修学旅行、細かいことはいろいろあったにせよ、素晴らしい4日間になったのは間違いないと思います。

    その理由は、

    まず、生徒たちが節度を守り、時と場をわきまえて行動してくれました。(もちろん、「もっと」と思うところは多々ありますが、ここでは控えておきます)

    しかし、それとともに、今回の修学旅行にお力添えいただいた皆様の御配慮がなければ、成り立たなかったことも事実です。

    修学旅行最後の御報告として、今回お世話になった皆様を御紹介させていただきます。

    まず、旅行中ずっとお世話になった添乗員のみなさん

    IMG_5476

    休む間も無く、また次の添乗でしょうか…どうか、お疲れ出ませんように。。。

     

    東京〜長野の長丁場、御案内いただいたバスガイドのみなさん

    IMG_5428

    せっかく御案内いただいているのに、疲れて眠ってしまうこともあったと思います。すみませんでした。

    同じく、ドライバーのみなさん。

    IMG_5539

    これからも、どうか安全運転で、お仕事頑張ってください。

    志賀高原のホテルのみなさん。

    IMG_5424

    (画像は代表取締役様)

    同じく、スキー教室のみなさん。

    IMG_5425

    これから本格的なスキーシーズン、お忙しい季節になると思いますが、どうかお身体気をつけて、たくさんの方々にスキーの魅力を伝えてあげてください。

     

    東京のホテルスタッフの皆さん、

    IMG_5491IMG_5492

    IMG_5493

    素敵な笑顔をありがとうございました。

     

    他にも、私たちの気づかないところで、多くの方々のお力添えをいただいたことだと思います。

    皆さん、本当にありがとうございました。

     

    しかし、今回の修学旅行で、誰よりも感謝を申し上げなければならない方々がいます。

    保護者の皆さん、本当にありがとうございました。

    保護者の皆さんの御理解と御協力がなければ、今回の修学旅行はありませんでした。

    皆様に心からの感謝を申し上げ、今回の修学旅行の最後の御報告とさせていただきます。

    今後とも、生徒たちの成長と未来のため、職員一同努力を重ねてまいりますので、本校の教育活動に御理解・御協力をいただきますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

     

  • 2017年12月15日(金)

    修学旅行に参加した2年生へ

    修学旅行に参加した2年生の皆さんへ


    今回の修学旅行は楽しかったですか?

    「はい」と答えてくれた人。
    ありがとう。君が修学旅行を楽しめたのは、君が節度を守り、他人に迷惑をかけないようにしてくれたからだと思います。他人に迷惑をかける人は、本人も実は心の底から楽しいとは思っていないと私は思っています。
    しかも修学旅行中、他人に迷惑をかけ続けていたら、先生に叱られっぱなしで楽しい訳がないからです。(もちろん、先生たちは、「もっと、ここはちゃんとしなさい」と思ってはいるはずです。でも、せっかくの修学旅行をつまらないものにしないために、細かいことはお腹の中におさめてくださっているのを忘れてはいけませんよ)
    他人に迷惑をかけてはいけないのは、他人のためだけではなく、自分が気持ちよく過ごすためです。
    そして、せっかく楽しめたのなら、この楽しかった思い出を覚えておいてください。そして、出発前の武道館で聴いた「この修学旅行が本当に成功したかどうかが分かるのは、30年か40年経ったあとだ」という話を思い出し、忘れないでください。私はその頃にはもうこの世にいないかもしれませんが、私に言われたからではなく、君がより一層価値ある人になるために、ひとつだけ君たちに教えてあげられるとしたら、このことだと思っています。

    「はい」とは答えてくれなかった人。
    楽しくなかった原因は何でしょう?
    体調を崩して、みんなと離れて、寝ている時間があったから?
    引っ込み思案で人見知りな性格で、周りのみんなとなかなか仲良くなれず、一人で過ごす時間が長かったから?
    周りの人たちよりスキーの上達が遅かったから?
    食事が口にあわなかったから?
    お小遣いが少なくて思ったように買い物ができなかったから?
    理由は人それぞれあるはずです。
    しかし、君がそれを克服するためにした工夫は、完璧だったでしょうか?
    卵から産まれる生物は、自らの力で殻を破って産まれて来ます。
    実は私も、あまり信じてもらえませんが、とても人見知りで、他人と仲良くなるのがとても苦手でヘタです。しかし、苦手だからと言って、誰とも触れ合わずに生きて行くのは不可能なので、人と接する時はできるだけ笑顔でいて、周りの人たちにも笑顔でいてもらえるように精一杯努力し、少しでも周りの人たちに不快感を与えないよう、一生懸命頑張っています。例えば、いろんな本を読んだり、テレビを観たり、映画を観たり、音楽を聴いたり、絵や彫刻や建築や舞台などの芸術に触れたり、少しでもたくさんのことを知って、どんな人とも上手に話せるようになれるよう、できる工夫をできる範囲で少しでもするように心がけています。もちろんそう簡単にうまくは行きません。失敗ばかりで、成果より労力が上回っているのは間違いありません。
    でも、何もしないよりはマシなのも間違いありません。
    自分の殻は自分で破るしかないと私は思います。
    私は何十年も殻を破るためにあくせくしています。
    殻の中に閉じこもったままでは、次の機会も逃してしまうかもしれません。
    周りは楽しそうにしているのに、自分だけ置いてけぼり……こんなに辛くて悲しいことはありませんよね。
    だからこそ、そんな思いをしなくて済む方法を探してください。
    今、できることだけでいいです。
    そして、疲れたら休めばいいです。
    急にはすべては変わらないかもしれないけど、君が動き出せば、君の心の中で、ほんの少し何かが変わったのは、間違いないと、私は思います。


    本当は、もっときちんと説明しないと、誤解される可能性があるのですが、あまり長くなるのも良くないので、君たちの良心を信じて、ここまでにしておきます。


    私は今回の4日間を君たちと一緒に過ごして確信しました。
    君たちは間違いなく、人の善意を善意として受け止められる人たちです。
    そして、君たちは今も素晴らしい生徒たちですが、確実に「もっと素晴らしくなれる」生徒たちです。
    どうか、この旅行を次に繋げ、生かしてください。
    この4日間が、君たちの人生の糧となることを祈ります。
    本当にお疲れ様でした。
    家までの帰り道気をつけて。。。

  • 2017年12月15日(金)

    修学旅行、帰着時刻、続報

    先ほどお知らせした2組の遅れの件ですが、

    搭乗時に預けた2組生徒のスーツケースが破損しており、その手続きに時間を要する見込みだったための遅れです。

    ただし、空港スタッフと添乗員の迅速な対応により、7〜8分程度の遅れで既に2組も鹿児島空港を出発しました。

    このため、2組の遅れを15〜20分程度とお伝えしましたが、ほとんど差なく到着できる見込みです。

     

    よって、到着予定時刻は、
    鹿児島中央駅、全クラス予定どおり20時15分。
    錦江湾高校へは予定より少し早めの20時45分です。
    (「しおり」の細かいスケジュールのページには「篤姫駐車場」と記載されていますが、「学校」に到着します)

    中央駅での出迎え時は、
    西口ロータリーへの自家用車乗り入れ、及び、周辺の店舗等や道路への駐車はくれぐれも御遠慮ください。
    御協力をお願いします。